会社 自己破産について解説

自己破産するなら弁護士に相談

自己破産とは、自ら破産を申し立てることを言います。借金などで経済が苦しくなり、自己の資産を全て清算して借金の返済にあてる手続きを裁判上でやってもらうことです。

破産という言葉を知っていても、破産をするとどのようになるのか、どんな手続きがあるのか詳細を知っている人は多くありません。まず自己破産するメリットは、借金など全ての債務が清算されることです。また、手続き開始後は、給与差し押さえなどのいわゆる強制執行を受けなくなります。そして、20万円以下の財産など生活用品などは手元に残るようになります。

次にデメリットですが、当然マイホームなどの財産は失います。また、信用情報機関のブラックリストに5年~10年は掲載されます。お金を借りたり、クレジットカードを作るのは難しくなるでしょう。更に、破産手続き開始決定を受けた際は官報に掲載となります。しかし、官報を定期的に見ている人はあまりいないはずです。インターネットで遡って見る事ができますが、年間約14万人以上が破産手続きを行っていますので、探す人はなかなかいないでしょうから、周りにバレるということはあまりないでしょう。その他、破産手続き開始から免責決定を受けるまでの約1年間は警備員など一部の職業には就けません。

自己破産を検討されているなら手続きは細かいですし、債務整理には弁護士などの破産管財人が付くことになります。まずは自分の場合はどのように進めたら良いかなど弁護士に相談してみることをおすすめします。

Copyright 2013 (c) 会社破産について解説するホームページ All Rights Reserved.